築40年の引越し先の借家はダニの住みかだったようです

biyou

 

ちょっと前に住んでいた築40年の借家での出来事です。

 

借家に移り住んで間も無く、当時保育園に通っていた娘が二の腕や太ももに湿疹のようなものが数十箇所でき、痒みを訴えました。そう言われると私も、そして旦那も同様の症状がありました。湿疹と痒み以外の症状は無かったので、まずは、娘を小児科に連れて行きました。
診断結果は「ダニ」とのことで、痒み止めが処方されました。今まで、ダニにやられた事などなかったのでかなりショッキングでした。

 

引っ越ししたけど衝撃の事実が

引越ししたばかりの借家は築40年でクリーニングこそしてありましたが、畳・壁・床は古いものを引き続き使用していました。しかも、私たちが住む前は数年間空き家状態だったのです。寝室に使用していた部屋の畳がダニの大量発生を招いたようです。

 

その日から晴れた日は布団を天日干し、部屋の換気を心がけ、掃除機を買い替え、毎日布団に掃除機をかけました。ダニスプレーも掃除機の前にたたみと布団に噴霧しました。それから数日でダニの症状はなくなりました。本当にびっくりする出来事でした。

 

でも、ダニ被害はこれで終わりではなかったのです。毎年、春から梅雨の時期になると気がつけば手足が痒くなり赤いポチポチができるのです。そこからダニ駆除に追われる日々を過ごすのです。ダニ恐るべし。
現在、そこからは引越ししたので梅雨時期でもダニに悩まされることはなくなりましたが、今でもその借家の前を通るたびに手足が痒くなります。

ページの先頭へ戻る