ネコノミの被害 ?実際の例とネコノミへの対策について課題

ネコノミの被害 ?実際の例とネコノミへの対策について課題
MENU

ネコノミの被害 ?実際の例とネコノミへの対策について課題

d

 

友人自宅は広い庭のある立派なものですが、その庭付近の倉庫でネコノミが大量発生したそうです。どうも友人宅のご近所さんが一人暮らしの寂しさから猫にエサをやっていたらしく、そのせいでネコがよく出没するするようになっていたそうですが、それが原因でネコの出入りする場所となってしまったそうなのです。はじめはネコをよく見かけるなぁと思う程度だったそうですが、しばらく経って、ネコノミが家に入り込んでしまい、友人がネコノミにさされる被害に遭ったそうです。ネコノミは蚊に刺されることとは大違いで、かゆさもひとく、水ぶくれになることもあり、水ぶくれまでなってしまうと跡がしみになってしまうこともあったそうで、傷跡見せてくれましたが女子としては可哀想なことでした。

 

 

ところでノミというのはダニと違ってピョンピョンはねるので、捕まえることが無理なのだそうです。ダニはふとん乾燥機(掃除機)などで吸うことも可能ですが、ノミはそれさえできません。だから基本的には業者さんに退治をお願いするしかないそうです。ノミ取りホイホイなんてものも存在するらしいですが効果はなさそうですし、バルサンも効いているのかイマイチよくわかりません。

 

退治方法もそれくらいしかないそうですが、結局一番の原因であるネコをどうにかするしか、本当の意味での解決にはならないでしょう。ネコの対策というと、ペットボトルに水をはる、CDをかける、酢や酸っぱい臭いのものを置く、トゲを置く、など様々聞いたことがありますが、あまりどれも効いているとは思えません。実際まだ友人宅でもネコは居なくならないそうですし、未だにノミにも刺されることもあるのだそうです。

このページの先頭へ